どの治療概念が優れているのか

世間には多くの「○○療法」という言葉があふれていて、治療院や整体院を探している人にとって、どの治療法を選べばいいのか、判断に苦しむところでしょう。

当院では、理学療法で長らく扱ってきた運動学的な概念と、オステオパシーという治療哲学を用いています。

他にも世の中には、カイロプラクティックとかロルフィングとか筋膜リリース、筋膜マニュピレーションとか様々な考え方や治療法があります。日本や柔道整復的な治療もありますし、東洋の鍼灸医学はさらにそこから色々な流派に分かれます。

さらに、それらの治療法を主にしている人たちでも、そればかりを勉強しているわけではありません。鍼灸師がカイロプラクティックやロルフィングを学んでいることもありますし、カイロプラクティックの人がオステオパシーを学んでいることもあります。そのようなことは実際には多くて、看板と実際に行われている治療が同じとも限らないのです。

長く歴史のある治療法においては、優劣を考える必要はないと私は考えています。どの手技手法においても、究めれば高い効果を出すと思います。身体の症状によって技術の相性はあるでしょうが、手技を究めれば、どのような症状に対してもある程度の効果が出るのではないかと思います。

ただ、そのような治療を究めた人はほとんどいないのが現実ですし、むしろ、鍼灸師、柔道整復師、マッサージ師、理学療法士などの他には、日本では法整備もされておらず、ろくに講習を受けていない施術者でも「整体」の看板を出すことができます。中には、人体に関する知識も経験もほとんど持たず、自分の手技を使うことを優先して、相手の身体をかえって傷つけるような施術者もいます。少なくてもそのような「大外れ」を引かないようにしたいものです。

治療技術が高かったとしてもそれを相手にどのように使うかは、その人の人柄次第と言えます。いくら技術が高くても、商売優先で手が回らなくなれば効果も下がりますし、受ける側の満足度も下がるでしょう。どのような治療概念にせよ、結局のところ、それを使うのは「人」なのです。

なので、治療や施術を受けるには、その人を見て判断すると良いと思います。しかし、それがなかなか難しくて、巧妙に演じる人もいます。実際に通院した人たちの話を聞くと、頻繁な通院をいつまでも勧める人や、些細なことで叱ってくる人、他人や他の治療法の悪口をよく言う人は、信頼できないケースが多いように思います。

そう言うことというのは、特に治療者、施術者としてでなくても、人間を見る上で共通することです。仕事にしても人間関係にしても一緒で、治療院や整体院を選ぶのにも「人を見る目」が大切になってくるのだと思います。

関連記事

  1. 正直な商い

  2. 人が集まる人とそうでない人の違い

  3. 治療者にとって大切なこと(ある先生と会食して)

PAGE TOP