「L’oiseu Blue」の強みとこだわり

整体院や治療院は星の数ほどあります。
その中で私たち「L’oiseu Blue」だから出来る
強み、こだわりを3つ紹介します。

臨床経験20年以上の理学療法士の施術

整体院や治療院を訪れる際に、まず心配なのが安全面ではないでしょうか。大事な身体を預けて大丈夫なのか、どのような施術をされるのか不安があると思います。その点で、当院は臨床経験20年以上の理学療法士が担当しますので、安心して施術を受けていただけます。

理学療法士とは、Physical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です(日本理学療法士協会ホームページより)。

理学療法士の免許を取得するには、指定された養成校で医学的な専門教育を受けた後(専門学校3〜4年、大学4年)、国家試験に合格する必要があります。さらに当院の施術者は、病院や医療、介護現場で20年以上の治療経験をしています。

当院は健康保険外の整体院ですので、医師の指示は必要ありません。その代わり、医師の指示に基づく「理学療法」という言葉は使えません。しかし、病院や介護、医療現場で理学療法士として培ってきた知識や技術をもとに、「L’oiseu Blue」はお客様の力になりたいと考えています。

施術と運動の高いレベルでの両立

世の中にはたくさんの整体院や治療院があり、高い治療技術を持った先生も多く存在します。

しかし、治療技術とともに高い運動学の知識を有している整体院、治療院となると、そう多くはないと思います。

運動学については、理学療法士が最も得意とする分野です。そこでの経験に加えて、整体領域の技術も研鑽を積み続けています。

身体の状態によって、施術よりも運動が適した人もいますし、運動よりも施術が適した人もいます。また、回復の段階によっても変わってきますし、両方を組み合わせることで効果がより高くなる人もいます。

施術と運動の両面を高いレベルで選択、あるいは組み合わせることができるのが「L’oiseu Blue」の大きな特徴であり、強みだと考えています。

お客様本位の経営方針

当院は基本的に頻度少なく通っていただくことを目指しています。もちろん身体の状態やお客様の希望が前提ですが、頻繁な通院は、費用、時間とも負担が大きいと考えているからです。

生活習慣や運動の傾向から起こっている症状は徐々に戻っていく可能性が高く、定期的なメンテナンスをお勧めしますがそれも強制ではなく、気が向いた時にぶらりと来るお客様もたくさんいます。

来院された最初のうちでも、症状が強ければ1週間に1回ほど、多くの人は2週間に1回ほどで開始します。徐々に間隔を延ばし、最終的には、定期メンテナンスでも1ヵ月に1回ほどを標準にしています。

当院のサービスは施術のみで、物販は行いません。器具やトレーニング用品を勧めることはありますが、こちらの利益が介入するものではなく、公平な視点で紹介することができます。

病院勤務だけでなく、在宅医療や介護保険分野での経験もあるため、そのような相談も受けることができます。当院よりも適した公的サービスが考えられる場合は、そちらのご案内もいたします。

「L’oiseu Blue」は施術だけでなく、それを提供する環境についてもお客様に最も適した形を考えていきます。

 
PAGE TOP